二世帯住宅と税金

いつかは自分の持ち家を手に入れたい、できれば親と近くに住んで、子供の世話をしてもらったり、将来的には親の介護をしたりしたい、と考える人が増えており、二世帯住宅を考える人が多くなってきています。二世帯住宅は、親と同じ建物暮らすことができるので、子育てや介護がとてもしやすくなることとお互いの家庭のプライバシーを保つことを両立することができるため、親世代にも子世代にも大きなメリットがあり注目されています。最近は、特に超高齢化社会と言われ、親世代が元気に長生きすることができるようになってきました。元気な親と一緒に協力して子育てができたり、働きながらも介護ができることは、大変魅力的なのです。
二世帯住宅は、お互いを楽にする大変良い選択肢の一つということができますが、その他にも経済的にも楽になるというメリットがあります。例えば、自分だけでは新築の注文住宅を取得する予算がない場合でも、親がもともと持っている土地や親と協力して土地を活用するなら、新築の注文住宅を購入することができる、という家庭がたくさんあります。また、一戸建てよりも大きな二世帯住宅でも、一戸建てをふたつ建てるよりは費用を削減できることが多いため、プライバシーを守りながらも仲良く暮らすことができる家を、比較的軽い負担で建てることができることは大きな魅力です。
二世帯住宅は、普段の生活は独立させることができる一方で、内部で行き来できる通路を作ることにより、一戸建てのように暮らすこともできます。子供が小さいうちや親の介護が必要になった時には、家の中に通路があると大変便利ですし、必要がないときには、使わないことができるので、別々の家として暮らすこともできます。別々の家として暮らしていたとしても、同じ建物なので、光熱費のロスが少なく暖房費などを削減できる点も見逃せません。
さらに、二世帯住宅には税金的にも大きなメリットがあります。近年、相続税が見直され、大きな金額の税率が上がりましたが、二世帯住宅に関しては、法的な優遇制度となりました。二世帯住宅で親と同居し、親の土地を相続する場合の税金は、大幅に減税されることになっており、親世代も子世代にも、安心というメリットがあるのです。また、固定資産税は、土地や家屋の評価額に対してかかってくるので、土地や家屋が一つという扱いになり、二戸所有しているよりは毎年の負担が軽いということもメリットです。

お家の見直ししま専科オーディオ住宅リフォーム総合情報初値予想超SEO対策内職 アルバイト心の童話女性向けエステ.com女性の人生JALカード工務店向け集客ノウハウ生命保険の口コミ.COM健康マニアによる無病ライフ英語上達の秘訣クレジットカードの即日発行じゃけん